掃除の達人

幅広い世代から人気を集める家事代行サービスの魅力について解説

共働き世帯に是非おすすめしたい家事代行の利用方法

愛をこめて

共働き世帯の場合、土日の休日にまとめて家事を済ませてしまう家庭も少なくありません。その結果、せっかくの休日に体を休めることができない、夫婦や子供との時間を確保することができない、などといった悩みを抱えている家庭が多くなっています。そんな時におすすめなのが、家事代行サービスを利用し、休日を有意義に活用する方法です。
家事代行サービスを利用する日は、何も休日にこだわる必要はありません。貴重な休日を誰にも邪魔されることなく過ごしたいという場合は平日に家事代行サービスを利用します。基本的に家事代行の場合、2時間契約を行えば、その時間内であれば一通りの家事を依頼することが可能です。何を一番に行ってほしいのか優先順位を決め、2時間以内に可能な範囲で家事を行ってもらうのです。
平日の2時間でも家事代行を利用することで、家事から解放された休日を確保することが可能となります。おすすめの利用内容としては、掃除で言えば面倒な、お風呂掃除やトイレ掃除、洗面台の掃除などを家事代行に依頼します。食事面で言えば、保存のきくものを多く作ってもらうことで、翌日からも食事の準備に時間をかけず過ごすことが可能です。家事代行の依頼内容は様々です。是非、自分に合ったサービス内容で利用し休日を確保されてみてはいかがでしょうか。

家事代行サービスはその時だけのスポット利用も可能

普段の家事を専門のスタッフに代わりにやってもらう家事代行サービスには、スポット利用プランというものがあります。スポット利用はいわゆる単発利用の事で、定期的に家事代行サービスを利用するのではなく、必要なその時だけ家事代行をしてもらうという利用方法になります。普段は誰かに頼むほどではないというような方でも、大掃除の時期であったり、急な来客があった場合など、突如忙しくなって家事に手が回らないというような事もあるでしょう。
そうした時にその日だけ家事を代わりにやってもらう事が出来るというのが、スポット利用になります。最低利用時間というのがそれぞれ決まっているのですが、大体2時間から3時間くらいという会社が多くなっています。
1時間当たりの利用料金が3000円程なので、スポット利用1回あたりで6000円から9000円くらいがスポット利用の費用という事になります。業者によってスポット利用に対応しているかどうかが異なるので、依頼する時にはホームページを確認してプランについて調べておくようにしてください。スポット利用は時々キャンペーンなどで、割引価格でサービスを受けられる機会もありますので、そうした機会を利用してお試し感覚で利用してみるのもいいでしょう。

家事代行は必要な時だけ頼めるから便利

共働きの家庭や事情があって家から離れられない家庭におすすめなのが、契約した時間帯でだいたいの家事を行ってくれる家事代行です。人柄までチェックされたスタッフが1日数時間といった限定された時間において、掃除や洗濯、子どもの送迎などを手伝ってくれます。家事代行サービスを利用するためにはスタッフを派遣している会社に問い合わせて、希望する日時とやってもらいたい家事を伝えることが必要です。
家事代行は単発のお任せというイメージが強く、基本的にそのタイミングで待機しているスタッフが派遣されます。一部の業者ではスタッフの指名も可能ですが、その場合には専任として指名料がかかるか、通常よりも高めの料金になるので気をつけましょう。家事代行は家政婦サービスとつながっていることが多く、専任のスタッフによる長時間のお手伝いを続けてもらうことも可能です。
近所のスーパーで食材を買ってくる買い物代行といった、特定のサービスに限定した家事代行もあります。時間単位でいくらかかるのかを確認して、自分が希望する条件でいくつかの会社から見積もりをもらうことをおすすめします。不在時に鍵を預けて自宅に入ってもらうケースでは、業者の信頼性やスタッフの管理についてもしっかりと精査しなければいけません。

イチオシ記事

このページのトップへ